いま二世帯住宅が急増中! 全世代の希望を叶える二世帯住宅のポイント

姫路市で二世帯住宅で三世代同居生活

いま、新築で二世帯住宅(三世代同居)が増えていることをご存じですか?
少子高齢化が進むなか、介護のことも考えて離れていた親世帯と一緒に住みたい。
地元へ戻ることを機に、二世帯住宅を建てて親と生活をする・・・という家族が増えているようです。
でも、世代が違えばライフスタイルも違います。そのため二世帯住宅に対して不安を持つ方も・・・。
いろはハウジングでは、そんな不安を解消できる二世帯住宅プランをご用意しています。

協力し合いながら暮らせる! 二世帯住宅(三世代同居)のメリット

いま二世帯住宅(三世代同居)が増えているのは、なぜでしょうか?
二世帯住宅(三世代同居)には次のような3つのメリットがあります。

姫路市で二世帯住宅を建てるときの経済負担
経済的負担を分け合える

建築費だけでなく生活費を親世代と分け合うことができます。共働き世帯にとっては大きなメリットでしょう。

姫路市で二世帯住宅で協力して子育て
育児で協力し合える

仕事中に親世帯が子供の面倒を見てくれるのも、大きなメリットです。親世帯もお孫さんと楽しく過ごすことができます。

姫路市の二世帯住宅で老後の面倒も安心
親世帯の老後も安心

親世帯の老後が心配・・・高齢化による健康面に不安があっても、住まいが同じなら介護・介助などサポートも行ないやすくなります。

二世帯住宅に対して、このような不安をお持ちではないですか?

ご紹介したとおり、二世帯住宅(三世代同居)には大きなメリットがあります。
一方、二世帯住宅(三世代同居)と聞くと、次のような不安を持つ方もいます。

  • 親世帯とは家のデザインや間取り、設備の好みが違うので、お互いに満足できる家は建てられなさそう
  • 完全に同居となると、プライベートを保てないし、生活リズムも違うので大変なのでは?

そこで、いろはハウジングが「家族みんなの希望を叶える二世帯住宅」を建てるポイントをご紹介します。

二世帯住宅を建てるために知っておくべき3つのポイント
Point.1 同居形態の構成を考慮する

主世帯・二世帯の関係(夫婦・妻側)、介護・介助の有無などを確認し、考慮しましょう。

Point.2 ストレスがたまらないよう工夫する
  • 起床時間・食事時間などの違い
  • 来客の頻度
  • 自立した請託・食事の準備

互いの生活時間帯や生活スタイルの違いなどを理解し合うことが大切です。

Point.3 流動的な生活の変化に対応する

親世帯の介護や介助、子供の成長など、ライフスタイルは変化していきます。そのような変化に対して、固定される間仕切を少なくするなど、対応していく家づくりが求められます。

実は豊富な二世帯住宅の構成パターン

次に、二世帯住宅の構成パターンをご紹介します。
実は豊富にある、二世帯住宅のパターン。
いろはハウジングは、お客様の希望をお聞きし、ベストな構成パターンをご提案します。

玄関が1つの場合
融合同居
姫路市の二世帯住宅の玄関の種類①

寝室などプライベート空間以外、すべての空間を共有

半融合同居
姫路市の二世帯住宅の玄関の種類②

ファミリー空間を共有し、どちらか一方の世帯にトイレとミニキッチンを別に設ける

半独立同居
姫路市の二世帯住宅の玄関の種類③

コミュニケーションゾーン:玄関ホール
玄関ホールのみを共有し、それぞれの世帯の生活空間は別にする

玄関が2つの場合
独立同居①
姫路市の二世帯住宅の親世帯の玄関

コミュニケーションゾーン:ファミリーリビング
玄関を別々にして、それぞれの世帯の生活空間を確保しつつ、共有部分で世帯間の接点を設ける

独立同居②
姫路市の二世帯住宅の子世帯の玄関

コミュニケーションゾーン:内階段
上下階で世帯の生活空間を確保しつつ、内階段などの共有部分で世帯間の接点を設ける

ケース別二世帯同居プラン例

親世帯の居住空間だけ独立させた場合
1階
姫路市の二世帯住宅の親世帯の居住空間・共有空間
2階
姫路市の二世帯住宅の子世帯の居住空間

居住空間内に専用トイレがあると、ヒートショックの防止や夜間の使用が容易になる。

基本的な設備を設置した場合

1階
姫路市の二世帯住宅の親世帯の居住空間・共有空間の間取り
2階
姫路市の二世帯住宅の子世帯の居住空間の間取り

親世帯と子世帯の接続(出入口)は、できるだけ複数ヵ所設置。コミュニケーションがとりやすいとともに、緊急時の対応がしやすい。

生活のすべてを独立分離させた場合

1階:親世帯の居住空間
二世帯住宅の親世帯の居住空間
2階:子世帯の居住空間
二世帯住宅の子世帯の居住空間

水廻り(例:各階左上)はできるだけ同じ位置に配置する。
共有空間をつくることでコミュニケーションが取りやすくなり、部屋を有効に活用できる。上下階は同じ使い方の部屋を設置することによって、音などの影響を軽減できます。

家族の将来を考えた二世帯住宅づくりを

姫路市の二世帯住宅で三世代同居の生活

少子高齢化が進む日本の家づくりで、「二世帯住宅」は重要なキーワードとなっています。
ご自身の親御さん、そしてお子さんの将来を見据えて、住まいを建てていく必要があります。
いろはハウジングは「家づくりのプロ」として、大切なご家族の未来をご提案します。

姫路市で注文住宅を建てるための無料小冊子

簡単1分入力

姫路で家づくりを考える人へ

必読の情報をお届け!

CONTACTお問い合わせ

ご相談・お見積もりなど
お気軽にお問い合わせください。