姫路市注文住宅の家づくりの流れ。

※家づくりの流れ<1>

会社から車で2分行った場所に、建売の分譲地ができていました。

よくお客様から、「建売住宅と注文住宅ではどんなところが違うの?」と聞かれます。
私たちの場合、注文住宅で家づくりを考えるためには、お客様と一緒に決めていくことが、大きく3つあります。

それは、
「1.お金」
「2.間取り」
「3.仕様」
以上の3つです。

では、1.~3.とは、どんなことかというと・・・

「1.お金」については、ズバリ家づくりをいくらで行いたいか、、、ということです。

例えば「2000万円の家づくり」と言っても、家そのものを2000万円で建てたいのか、
庭や玄関まわりの整備(外構工事)も含めて2000万円なのかによって、家づくりの資金計画は大きく変わってきます。

例えば、土地を買うところから含めて2000万円だったりすると、
家づくりにかけられる金額は、土地を既にお持ちの方と比べると大きく異なりますよね。

他にも私のブログの他の記事でもご紹介しますが、
更に引っ越しや家具の購入費用やなんかまで入れての2000万円なのか?
家の保険は?土地(地盤)の調査や改良工事にかかる金額は?

などなど、お客様のご予算が、どこまでを考えられていらっしゃるのかによって
私たちがご提案する家づくりは変わってきます。

建売住宅では、保険費用や引越費用などは別にしても、
「この家は全部で○○円」といったように決まっているところも多いです。

普段お買い物をするのに近い感覚なので、イメージしやすいかもしれませんね。
(もちろん、金額は普段のお買いものとは大きく異なってきますが・・・(^^;)

これに対し、注文住宅では、お客様のご希望に合わせて家づくりをすることができるので、
そのお客様1人1人によって金額は変わってくるのです。

例えば同じような家でも、
「洗濯物を干すために、ルーフバルコニーがあったらいいな」
という方と、
「掃除がしやすいようにコンセントを増やしたいな」
といった方では金額が異なってきます。

「家づくりには、どんなお金がかかるのかイマイチ不安・・・」といった方は、
是非1度 姫路市注文住宅 「いろはハウジング」にご相談ください(^^)

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント