耐震 2018年3月4日

●地震への強さ

最近お客様から多く頂くご要望の中に、
「災害に強い家」と「かっこいい家」というのがあります。

災害といっても色々あります。
 地震に強い家の評価で「耐震等級」という言葉があります。
 これは地震への強さを表す数値で、1~3で表示しています。

ここまではご存知の方も多いのです。
 では、耐震等級1~3とは、どのような水準なのでしょうか。

家づくりに関する決まりでは、
耐震等級1⇒建築基準法(法律)と同程度
耐震等級2⇒等級1で想定する地震の1.25倍に耐えられる
耐震等級3⇒等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる
 このように数値で評価しています。

これだけ見ると、、、なにやら難しい表現に見えますね。

この耐震等級1というのは、
 震度6強~7レベルの、数百年に一度発生する地震でも倒壊・崩壊せず、
 震度5強レベルの、数十年に一度発生する地震に対しては、損傷もしない水準です。

 「数百年に一度発生する地震」とは、阪神・淡路大震災相当の地震です。
耐震等級2とは、病院や学校などの耐震水準で、
耐震等級3になると、消防署や警察署といった防災拠点の耐震水準になります。

「等級1だと、全然地震に耐えられないのではないか」と不安に思われる方も。
実は「阪神・淡路大震災相当の地震でも倒壊しない」レベルなのです。

 もちろん、耐震等級が上であることに越したことは無いですが、
家づくりの際に「デザイン性」と「災害への強さ」、それと「予算」で悩まれることが
ありましたら、この耐震等級についての基準も思い出してみてください。
耐震等級1は、阪神・淡路大震災相当の地震でも倒壊しないレベルです。

 最近 制震ダンパーも、多種多様にあります。
 制震ダンパーは、地震のエネルギーを熱エネルギーに吸収しています。
 大きな揺れを、制震ダンパーによって揺れを吸収し家の倒壊を防ぎます。

当社で家づくりをされる方には、
「デザイン性」「災害への強さ」「予算」この3つとも満足できるように、
じっくりご相談をさせていただいています。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント