住宅ローンとその他の必要経費を考えて 2018年3月14日

○住宅ローンと家計
家をを建てられる方が最も気にされていること中で、家を建てられた後のお金(家計)です。

 不安を少しでも解消していくためにも、
  いろはハウジングで住宅ローンを組んだ上での、家計についても一緒に考えています。

例えば、住宅ローンを組まれる方は、月当たり平均9万円、
 年間では90万~120万円程度の返済としている方が多いようです。
 ただし、それ以外にも、家計では必要になってくる「固定費」というものが多々あります。
 例といたしまして
 (水道光熱費)
  上下水道料金・・・6~7万円/年
  ガス料金・・・7~8万円/年
  電気代・・・13~15万円/年
  合計・・・25~30万円/年

(通信関連)
 インターネット料金・・・2,000~4,000円/月
 携帯代・・・15,000~30,000円/月(2名分)
 固定電話代・・・2,500~3,000円/月
 合計・・・25~40万円/年

(テレビ関連)
 ケーブルテレビ・・・2,000~5,000円/月
 NHK・・・15,000~25,000円/年
 合計・・・4万~10万円/年

(車関連)
 ガソリン代・・・10~15万円/年
 自動車税・・・1~6万円/年
 車検費用・・・3~10万円/年
 自動車保険・・・5~6万円/年
 合計・・・20~40万円/年

(保険関連)
 生命保険・・・20万円/年

これらの中には、車関連など、ご家庭によっては必要の無いものもあるかもしれませんし、
逆にお子さまの教育費関連など、これ以外に必要になってくるものもあるかもしれません。

大事なことは、住宅ローンや住宅関連の保険・税金などをそれだけで捉えるのではなく、
家計の中の固定費の一環として捉えることだと考え、
それらを含めた資金計画を立てていくことだと私は考えています。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント